保有個人データに関する事項の公表等について

大和平野土地改良区個人情報に関する規程第15条の規定により、保有個人データに関する事項を公表する。

平成27年 6月 1日

大和平野土地改良区
理事長 金澤 秀樹

1.この土地改良区の名称

大和平野土地改良区

2.利用目的

①大和平野土地改良区定款第4条に規定する事業を円滑に実施するために利用する。
②労働者等の個人情報は、事業等を実施する際の雇用管理のために利用する。

3.個人情報の保護に関する方針

①法令を遵守し、個人情報を適切に取扱う。
②苦情処理に適切に取り組む。

4.共同利用に関する事項

①共同で利用する個人データの項目

  • 氏名、住所、土地所有状況等の組合員名簿、土地原簿等の個人情報データベース等に記載されている事項

②共同で利用する者の範囲

  • 農林水産省近畿農政局、奈良県、奈良県土地改良事業団体連合会、奈良農地中間管理機構、本土地改良区に関係する市町村・農業委員会・土地改良区、賦課金納付組合、歳計現金預入金融機関

③利用する者の目的

  • 国、県、区によって造成された土地改良施設の維持管理のほか、本土地改良区の関連する事業の円滑な実施のため。

④個人情報の管理について責任を有する者

  • 大和平野土地改良区 個人情報保護管理者 事務局長

5.利用目的の通知又は保有個人データの開示等を求める場合の手続及び手数料

①保有個人データの開示等を求める場合の手続

  • 開示等の求めを行う旨及び求めの内容を記載した書面を大和平野土地改良区理事長へ提出して下さい。

②手数料

  • 別表のとおり。
    ただし、大和平野土地改良区理事長が認めたものについてはその限りではない。

6.個人情報取扱いに関する苦情の申出先

大和平野土地改良区 個人情報保護管理者 事務局長

別表 手数料

書面の交付
による場合
口頭・電話
による場合
ファクシミリ・電子
メールによる場合
利用目的の
通知の求め
20円及び送料 無料 20円
保有個人データ
等の開示の求め
用紙1枚につき
20円及び送料
用紙1枚につき
20円(注)

(注)ファクシミリ・電子メールによる通知等は、開示の求めを行った者が同意した場合に限る。

▲ページトップへ